住宅ローンを組む時の金利と手数料について

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

新生銀行の住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!という広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行の新生銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息もどんどん減っていきます。

結果として総支払額が低くなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをインターネットで行えることや繰上げ返済できる額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけていただきたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときも同様の部分をチェックしてください。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入している銀行の承諾は必要ないので理論上、何度でも借り換えを行なえます。

ただ、借り換えメリットがあるから借り換えを行うわけです。

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

3回も行えば十分低金利なところからkリテいる形になるからです。

ベストなタイミングは誰にも予測できません。

借り換えメリットが月収以上になった時がベストな時期と言われています。

そのためオススメされているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

月々のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険を契約することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと火災保険は契約した後はほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

住宅ローン借り換えに通ると様々な手続きが必要です。

例としては抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続き自体は司法書士が行ってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関指定の司法書士以外に自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選択できるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えの手続きはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできるケースもあるようですが、1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくい可能性が高まります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に検討しましょう。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にして支払い総額を抑える住宅ローン借り換えですが、行う際には何点か注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、返済総額を抑えられることなどがメリットとして挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分に合ったローン選びをする必要があります。

今のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の返済中の通帳の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのは主な分類なので金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

初めて住宅ローンを組む際によく聞かれるのが「現在自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫することがあります。

当然ですが、自動車ローンの返済を滞納していたりするとそもそもローンの借入は通らないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも同様です。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

引用:新生銀行住宅ローン借り換え固定金利

その場合、新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

今のローンよりも金利が低いのは当然として保証料がかからないこともメリットの一つです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%くらい」と言われ、それ以上に大切なのが繰上げ返済が簡単で手数料がかからないことです。

他にも。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減ります。

最近、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どんな場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを契約した時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているので借り換え時に単独名義になる時に発生します。

こういった場合の単独債務での借り換えには金利以外の税負担が起きる可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、借り換えを行なって受けられるメリットと発生する税負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに活用できるようにすることが重要なポイントと専門家の方も言っています。

控除をフルに受けるには、借り換え後の返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

ローン控除では1%の所得税が還付されることになるので金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。