レイクアルサと宇宙兄弟の意外な関係とは?

レイクアルサというと、消費者金融の方を思い出してしまう方が多いでしょう。

インターネットで調べていると、これからお金の借り方でも調べるの?と言われてしまうかも。

ですが、レイクアルサといってもあのアニメにもなった漫画の「宇宙兄弟」にも関連している話もあるんです。

レイクアルサとどのような関係があると思うでしょうが、実は「宇宙兄弟」のOP主題歌を歌っているひとが「Rake」という男性シンガーソングライターが歌っているのです。

表題曲「素晴らしき世界」。

彼はその他にもいろいろな曲を出していたり、イベントに参加していますので興味があったら調べてみるといいでしょう。

くれぐれも消費者金融の法のレイクアルサと間違われないように注意した方がいいかもしれませんけどね(笑)

消費者金融のレイクアルサのキャッシングと銀行のレイクアルサのカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されレイクアルサのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがレイクアルサのカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためレイクアルサのカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融レイクアルサも法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

消費者金融レイクアルサと言うと反社会的集団が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融レイクアルサに申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

一般的に消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融レイクアルサのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のレイクアルサのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のレイクアルサのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

引用:レイクアルサはスマホから借りれる?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

ローンを組むことができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって銀行と消費者金融の金利を比較するととはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でレイクアルサのキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融レイクアルサとは貸金業専門の金融機関で利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。