格安高速バスって料金いくらくらいなの?

軽井沢や信州松代など観光地を目指して長野に行くという方もいることでしょう。

東京から行く場合は高速バスを利用すると大変便利です。

料金をだいたい週末であっても2000円程度、平日なら1500円程度で行くことも可能です。

はっきり言って自分で運転して行くよりもガソリン代を考慮すれば明らかに安いです。

例えば観光地の軽井沢であれば旧軽銀座、軽井沢駅などはレンタサイクルがあれば十分に周辺を回ることができます。

わざわざ車で行かなくても現地まで高速バスを使って行って、現地では自転車で周辺をぶらぶらと散策するのが理想的です。

特に新緑の季節となる5月から7月ぐらいは自転車での散策がとても気持ちいいです。

ぜひ、高速バスも比較検討されてみてはいかがでしょうか。

旅行での移動は乗り物酔いしやすい人にとって気が重い部分でもあります。

そんな不安を抱えたまま旅行に臨むのはちょっと嫌ですよね。

バスでの長距離移動となると自分のグループ以外の人もいますし気分が悪くなっても自分のタイミングで車外に出ることは難しい状況です。

思い切り楽しめるよう車酔いしないためのコツを調べてみました。

まず乗る前の準備として少なめであっさりした食事をとって、不安解消に薬を飲むのも良いでしょう。

特にお腹まわりをしめつけない服装を選ぶのが吉です。

炭酸水は胃がすっきりするのでおすすめです。

乗っている間は遠くの景色を眺めると良いですよ。

いろいろな乗り物でお得な回数券が販売されていてこれは1回分余計に乗れたりしてお得なのですがもとからだいぶ安い夜行バスでも購入できるのでしょうか。

調べてみますとそれぞれバス会社の窓口で販売されているとのこと。

仕事や帰省などよく使う路線で販売されているなら買ってみるとさらにお安く乗れるのでお得です。

ただ半年などの有効期限があったり当然ながら数枚まとめてあったりするので計画的に使いきれるよう予定をたてましょう。

使いきるのが無理そうなら払い戻せる場合もあります。

いくつかの夜行バス会社ランキングをチェックすると同じ名前が出てくるのでいろいろな評判を調べてみました。

まず夜行バスに強いとされるVIPライナーに関して特に評価されているのは独自サービスの強みや設備の充実度のようです。

それからサンシャインツアーも格安ということで人気ですが他にパックツアーやお得なキャンペーンが豊富な点も魅力だそう。

はたまたまぶしいピンクのバスで知られるWILLEREXPRESSは選択肢が豊富で細やかな心配りが人気のようです。

このように選択肢はたくさんありますが重要な選ぶ基準として安全管理について真剣に取り組んでいるところが良いでしょう。

今の時代移動中に気がかりなこととして挙げられるのがスマホやゲーム機のバッテリー。

少し空いた暇な時間にいじっていると目的地まですらもたないかも!なんて焦った経験はほとんどの人がお持ちでしょう。

乗っている間に充電できる乗り物と言えば新幹線も挙げられますが何気に夜行バスにも一部コンセント付きのものがあります。

情報をまとめたサイトでピックアップされるほどにぜひ欲しい設備のひとつとなっているようです。

しかも個々の席に取り付けられているのもポイントが高いですね。

夜行バスで長距離移動するとなると便意を催したときが不安です。

就寝時間帯に移動するタイプのバスならそれほど困らないかもしれないですが、目的地到着までには大抵数時間あるので行きたくなることが全くないとは言い難いと思います。

大抵2時間おきくらいに休憩が入るので何時間も行きたいのを我慢しなくてはならないなんてことはないのでしょうが、それでも急に強烈な便意を感じるときなど即必要な状況というのも考え付かないわけではありません。

しかしそんな不安もトイレ付き車両ならば解消されます。

これなら移動中も安心して身を任せることができそうですね。

夜行バスという交通手段に関しては大きなメリットとして格安料金を認識している人も多いかと思います。

それではデメリットは一体何なのでしょうか。

やはり安全性の面は気になるという人も多いかと思います。

運転手の技術や体調などに頼るところが多い乗り物ですし安全面にどれだけ配慮しているかという点はバス会社を選ぶ最優先事項としましょう。

それから到着時刻に関してはきっちり合うということが難しいので到着日の予定は余裕をもって組む必要があります。

さらに長時間体勢を変えにくい状況なのでむくみ対策など対処法を考えていくと良いと思います。

長距離の移動に夜行バスを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

まず大きな利点として挙げられるのが他と比べても明らかな安さ。

とはいえ安全性を犠牲にしたような安さはあってはならないことですのでそこはしっかりとした調査や判断が必要になってくるところではありますが、移動に安さを求めるという人には最重要ポイントのひとつとなる部分です。

また意外と時間の有効活用になるということがあります。

夜間の移動ならその最中に休息が可能なので次の日は朝からでも行動ができます。

これはプライベートの旅行でも嬉しいことですよね。

最も安い移動手段のひとつとして夜行バスが知られていますがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。

いろいろ調査したところ行き帰りの区間が一緒ならば割引が適用されることがあるようです。

その場合行きのバスに乗る前に行き帰り分の乗車券を事前に購入しておく必要があるとのこと。

また中には適用外という路線もあるそうなので購入前にバス会社に確認したりサイトを見たりして調べておくと良いと思います。

もとからかなりお安い料金設定なので割引されたらラッキー!くらいのつもりの方が良いかもしれませんね。

参照:夜行バス大阪ビップライナー

突然スケジュールが変更になったりすることもあるかと思いますが乗車する当日でも夜行バスを使うことは可能なのでしょうか。

気になったところをチェックしてみますとバスに空席さえあれば乗せてくれるというところもありました。

特に夜行バスならそういうものは割とあるようなのでまとめ情報などをあげてくれているサイトで調べてみると良いと思います。

条件をゆるめにすればなお見つかりやすいでしょう。

ただ即日乗車可とは言っても予約がなければ乗車することはできませんのでその点はお間違えの無いようにお気を付けください。

長距離をバスはどうしても乗っている時間が長くなります。

移動が長くて疲れるという人もおられるでしょうが対処法はいろいろ考えられます。

まず何もすることがなくて暇でつらいという人にはモニター付きの車両がオススメです。

本や漫画だと酔いやすいという人も前を向いたままモニターを見られるので気持ち悪くなりにくいと思います。

それから体勢がつらいという人は腰や首に余った毛布などをあてたり、または座席を倒す角度が大きくてより楽な格好になりやすいタイプのバスを選んだりすると良いでしょう。

ちょっとしたおやつや音楽プレイヤーなどでも楽しめます。

長距離バスを使って女の人一人の長旅を楽しみたいと思っても特に防犯面が気になるという人もおられることでしょう。

ただでさえリラックスした格好で臨みたい長距離移動ですしできることなら近くに男性はいてほしくないと考えるのも無理のない話かと思います。

そういった人たちに選ばれているのが今人気の女性専用車両なのです。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますが一車両まるごとというのなら気楽なものです。

自身の目的に合わせて選びたいですね。