引っ越しで追加料金が発生した時の対処法

普通、引越しに追加料金がかかってしまうことはありません。

しかし、これは、事前に引越し業者が、見積もりに来た場合や自己申告した荷物量が正しいケースです。

引っ越し業者というのは、トラックの容積や作業時間で引越し料金を割り出しています。

万が一、大幅にオーバーする場合は、追加料金を取られるでしょう。

愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。

なので、住まいを変えることになった時には絶対に、部屋でペットが飼えるタイプのマンションをなんとか探せるよう、努力しています。

さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったしっかりした設備が揃ったマンションがいいです。

少々家賃が高めでも、犬との生活は譲れません。

自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引っ越すのであれば、退去時の原状回復義務はつきものですが、その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。

入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用は入居者持ちとなる可能性が非常に大きくなりますが、日焼けなど、避けられない変化は回復義務は発生しないのが普通です。

賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。

子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に新しく購入したマンションに、転居を決定しました。

いよいよ引っ越しの日を迎え、運送作業が進みましたが、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。

そうしたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金を請求されてしまいました。

できれば事前にどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。

新築の家が完成したのが数年前です。

賃貸から転居しましたが、デスクトップパソコンの移動にはあらゆる手を尽くしました。

このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。

しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。

何かとお金がかかるのが引っ越しですが、頼んだ業者によって出費を抑えることが出来ます。

後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選択したいですね。

必要な料金が少しくらい高い業者でも、ゴミや不用品を回収してくれるサービスのオプションがついている業者もあります。

なので、何軒かの業者に見積もりをとって、ついてくるサービスやオプションを確かめてから判断するのが一番良い方法だと思います。

引越し業者の指示があると思いますが、引越しする前日には、移動させる冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。

抜く理由は、常温に戻して冷凍庫についた霜を溶かして、そうして溜まってきた水を取り除くことが可能になるためです。

あらかじめ水を取り除いておくことによって、引っ越し作業の際に、荷物や家の中などをぬらしてしまうのを防ぐというメリットがあります。

引越しの際必要なガスの解約は、家を出る日よりもかなり前から約束できるので、忘れないよう余裕をもってインターネット等から頼んでおく方がベストです。

ただし、引越し当日に立ち会いを要することがあるので、時間帯の決め方に注意を払うようにしてください。

収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活をしている方がいるとすれば、引っ越しの最大の障壁はものを整理して荷造りすることに尽きます。

量の多さが途方もなく、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすれば引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにして処分に専念すればぐっと整理が進むはずです。

きっかけは家の購入で、引っ越しました。

引っ越しは東京都から埼玉県へ。

メンテナンス等でお世話になっているディーラーの方からナンバープレートはどのように変更するのかと尋ねられました。

手続きは運輸局にてする必要があるというわけなのですが、実際にはほとんどの人はやらないそうです。

私もナンバープレートはそのまま東京のものをつけています。

参考:引越し達人セレクト口コミどう?見積もり体験談【評判は本当?】